6.過去世

「現世」とは、今のあなた。

「過去世」とは、今のあなたの魂が、今のあなたの身体に入るより以前に

どこかの時代、どこかの地域で、同じように生を受け存在したであろうあなた。

今のあなたの「現世」からみて、ひとつ前の時代に生を受けて生きたあなたの「過去世」を「前世」と呼びます。

人には いくつもの過去世の記憶が魂に刻まれています。

Q:前世鑑定はどのように行われるのですか?
A:緋川 良との対面で行います。必ずご予約の上でお越しください。
Q:前世や過去世は知る必要がありますか?
A:必要性ととるかはご自身の問題でもあるかと思うので、こちらからはお伝えし難いですが、知ることによって現世に活かせる事柄を見出すきっかけになる場合も皆無ではありません。特異な一例ですが、理由もわからずとにかく鳩に対する恐怖心が強かった方が、過去世を知ることで理由がわかり恐怖心が薄れ、鳩が道に佇むだけでも怖かったのに今ではえさをあげることも出来るようになった、という方もおられます。
Q:主護霊は自分の前世ではないの?
A:あなたの前世はあなたの魂が辿った生の記憶です。主護霊は違う魂の持ち主ですので、あなたの魂とは別個の存在です。
Q:過去世はいくつくらいあるのでしょう?
A:人によって魂の年数が違います。また、魂の記憶と記録によって生の受け方のサイクルも違うようです。ですのでいくつくらいかは見当もつきません。現世が初めての魂の記憶になる方とはまだお会いしたことはありませんが・・。

皆様のご質問・疑問にお答えします。

E-mail   xp_master@taro-angel.jp

 

 

 

主護霊

それは

生まれたときから定められた

護り人

相互に認め合い

選び抜いた

運命共同体